当店は、陶器・陶磁器から黒七輪まで、逸品のやきものをお届けする窯元セレクトショップです。

杉松製陶/黒コンロ(さな2個・送料込) 201

5,400円(税400円)

全国でも唯一!愛知県三河地方の黒七輪・黒コンロ(さな2個付き)
リニューアルセール!特別価格5,000円(送料込・税別)


黒七輪


愛知県碧南(へきなん)の職人技が生み出す伝統の黒瓦焼き黒七輪。黒七輪づくりの伝統と職人技は、杉松製陶1社のみが受け継ぎ造り続けています。製作者は、三河地方最後の製陶職人である杉松製陶三代目 杉浦和徳氏です。お買い上げの際は杉松製陶から、ゆうパック及びヤマト運輸(代金引替)で直送させていただきます。

■商品名:木炭黒コンロ(さな2個付き)
■サイズ:高さ24.5cm 経27.5cm
■重さ:7.2kg
■特別価格:4.400円(送料全国一律:600円)

黒七輪
  【製作者】
  杉浦和徳氏と
  妻 さだえさん




【実績】
静岡県湖西市 豊田佐吉(トヨタ創業者)記念館かまど復元
愛知県犬山市 博物館「明治村」 東松家住宅(重要文化財)かまど復元 
愛知県清須市 問屋記念館かまど復元
 
【黒七輪・黒コンロの特徴】 
外側に三河土、内側に珪藻土を使った 二重構造。
耐火温度が低く、直火に強く、熱を伝えにくく保温性に優れている黒七輪で当店定番の人気商品です。

三河地方(愛知県東部)の黒七輪は、月産500〜600個。伝統の黒瓦焼き製法で作り出された三河の黒七輪は、金具を一切使わず、手作業で一つ一つ丁寧に戸口を切り出していきます。この作業があるから量産ができないと言います。三河産の黒木炭七輪の特徴は、市場に出まわっている白に近い肌色の珪藻土を用いた軽く軟質な七輪とは違い外側に三河土、内側に珪藻土を使った“中ご”との二重構造になっている点です。

そのため珪藻土だけの七輪に比べ、ずしりと重く丈夫で長持ちするうえ保温性が抜群にいいと高く評価されています。黒コンロの表面は、碁石に使われる那智石(なちいし)で磨きあげます。磨くことによって艶が出るだけでなく強度も増すと言います。



使い込めば使い込むほど味が出る一流の銘器、三河の手づくり黒七輪です。
サナ
※七輪の“さな”は、消耗品のためホームセンターなどで部品として売られています。当店では、予備を考え“さな”を2個お付けしています。

どっしりとした風格に、上部に対し絶妙な曲線で広がりを見せる形態。黒光りする容姿は“黒瓦焼き”と呼ばれる所以です。

■杉松製陶
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町4丁目62番地
窯元:杉浦 和徳