当店は、陶器・陶磁器から黒七輪まで、逸品のやきものをお届けする窯元セレクトショップです。

【やきもの事典】


赤絵(あかえ)・・・赤を中心に、藍、緑、茶、紫を加え絵を付けた装飾法。
赤楽(あからく)・・赤い楽焼のこと。茶碗が主だが土鍋などもある。
穴窯(あながま)・・斜面を掘って、天井と煙穴だけを築いた原始的な窯。
飴釉(あめゆう)・・艶のある茶褐色。飴色に発色する釉薬。


梅花皮(かいらぎ )・陶磁器の釉がちぢれて粒状になったもの。
          梅花皮の呼び名は本来、刀の柄に用いられる鮫の皮の凹凸状態を指し
          釉の様子が似ているところからそう呼ばれるようになった。特に器の
          見所のひとつとされている。
片口(かたくち)・・酒や油などを容器に移すため、鉢の一方に注ぎ口がついた器。

景色(けしき)・・・見所の部分を指して景色という。磁器の絵付けのように予定通りにいかない
          概して計算外の炎の芸術を指すことが多い。

高台(こうだい)・・碗、鉢、皿などの器の底に付けた置き台。茶碗の見所の一つ。
粉引(こびき) ・・・鉄分の多い素土を白泥に浸して化粧掛けし透明釉を施して白く見せる技
          法粉を吹いたようなので粉吹ともいう。
呉須(ごす)・・・・藍色に発色する絵の具(酸化コバルト化合物)のこと。染め付けの代名詞。


作行(さきゆき)・・作品の出来栄え・個性を指す言葉。

水簸(すいひ)・・・取ってきた粘土を泥水にして、不要な雑物を取り除き、作陶に適したもの
          にすること。


たたら・タタラ・・・陶土を一定のサイズに切り出した板状のものを言う。
          たたらを組み合わせ器の形にする。

手捻り・てびねり・・手だけで成形すること。
鉄絵・てつえ・・・・鉄砂釉を筆に付けて描く絵。

陶土・とうど・・・・やきものに適した粘土。磁器用は磁石、磁土と言う。
飛びかんな・・・・・ろくろをまわしながら、素地に鋼製のカンナで飛び飛びに規則的な
          模様をつけること。
どべ・ドベ・・・・・素地と同じ粘土を水で溶いたもの。口や高台を付けるときの接着剤。


流し掛け・・・・・・柄杓に入れた釉薬を器に流して掛ける技法。


灰釉(はいゆう)・・木や草を焼いた灰のアクを抜き、水簸を行った後に使用する。
          色は灰緑色と白、黄褐色。


見込み(みこみ)・・器物、特に茶碗の内側全体のことを指す。

麦藁手(むぎわらで)麦藁に似た茶褐色の縦縞模様を付けた器。


釉溜り(ゆうだまり)釉薬が見込みなどに溜まった景色。


瑠璃釉・・・・・・・瑠璃色に発色する酸化コバルトを混ぜた釉薬

蝋抜き・・・・・・・溶かした蝋で文様を描き、その上に彩色をすると、その部分には色が
          着かず素地がでる。